薬局のウラ側

薬局のウラ側

イラスト

処方せんを出してから薬が出てくるまで、中ではどんなことをやっているの?
普段は、なかなか見えない薬局業務をご紹介します。

1.処方せん監査

処方せんを受けたら、まず処方鑑査が入ります。処方された薬の用法・用量や、飲み合わせなどに問題がないか確認します。過去の情報から、その方が過去に副作用を起こした薬がうっかり処方されていないかもチェックを入れます。もちろん処方した医師も確認しているはずですが、うっかり漏れてしまう可能性があるため、違う目で薬剤師が再確認するのは、医療の安全を高めるうえで大切な仕事です。

また、医師から薬の加工指示が入ることもありますが、個々の医薬品の細かい性質を把握している薬剤師が、その性質上問題なく加工できるかの確認も大切です。

処方せん監査で、薬物治療上・調剤上の問題点があった場合、処方医に連絡して、処方内容や加工方法を変更してもらうことがあります(その場合、医師への連絡や返答に時間がかかることがあります。)。

2.レセコン入力

レセコン入力

レセプトコンピュータ(レセコン)という専用パソコンで窓口負担額を計算し、薬の説明書や薬の袋などを発行します。当然のことながら、個人情報が流出しないようセキュリティ万全です。

3.調剤・調剤監査

レセコン入力

レセコン入力と並行して行う、実際の薬の用意。当薬局で在庫している医薬品は、1400品目以上。その中から、間違えないように薬を用意します。棚から薬を出すだけでなく、錠剤を割る、粉砕する、薬を1回分ずつ包装する(一包化)、散剤や液剤・軟膏を混ぜる等、特別な加工をするために、時間がかかることがあります。特に時間がかかりそうな場合、その都度おしらせ致します。

散剤や液剤は、一度混ぜると、中に何が入っているのか、判別が難しくなります。当薬局では、調剤監査システムを用いて、何をどれだけ量り取ったのか記録し、他の薬剤師がチェックするというチェック体制で、薬の間違いを防いでいます。

全て薬が揃ったら、総チェック。処方・入力・調剤の全ての過程で間違いがないか確認します。特に薬の加工をした場合、チェックするべきことが増えるので、若干時間がかかることがあります。

出来る限り待ち時間を短くできるよう努力していますが、安全に・有効に薬を使ってもらうために様々なチェックを行うので、どうしても多少の時間はかかってしまいます。急いでいる場合は、処方せんだけ出して、薬を後で取りに来ていただくことも可能です。その旨お申し出下さい。

分包機(薬を1回分ずつパッケージする機械)/調剤監査システム/「からやぶり」

4.服薬指導

服薬指導

薬の説明です。たとえ同じ薬であっても、その方の症状などによって、使い方が異なる場合があります。そのため、お体の状態などについて、ご質問させていただくことがあります。

病院の先生にうっかり聞きそびれたことはありませんか?薬の使い方で心配なことや、困っていることはありませんか?他に受診している病院や使っている薬はありませんか?健康食品は使っていますか(中には薬と相互作用を起こすものあります)?薬が上手く飲めていないことはありませんか?

薬を使う上で不安なこと・分からないことを確認して、医師が診療時間内で説明しきれなかったことを補足するのが、薬剤師の役割です。

必要に応じて、医師と連携を取って、薬の内容や作り方の変更を検討することもあります。全ては、適切な薬物治療を受けていただきたいからです。何か気になることがあったらご自宅に持ち帰らないで、ぜひ当薬局でご相談下さい。薬局の窓口で相談しにくい場合は、お電話をいただいても結構です。

MD下野薬局

TEL 054-361-0648

〒424-0012
静岡県静岡市清水区
下野西7-4


アクセス

静鉄バス 山原梅陰寺線「下野停留所」より、徒歩1分

MDちとせ薬局

TEL 054-376-5015

〒424-0828
静岡県静岡市清水区
千歳町2-35


アクセス

静鉄「入江岡駅」より、徒歩7分